車の売却の際の税金とその後の確定申告について

車を売るときの状況と確定申告の必要性

ではまず最初に、いざ本当に車を売るときにはどうしたらいいのかや、必要なものは何があるのかについてお話したいと思います。 この一連の流れがわかっていたら、実際売ることになったときにお役に立つのではないでしょうか。 そのときのために、是非とも最後まで読んでいただけると幸いです。

売却によって税金は発生するのか

続いては、車を売却することによって税金というものが発生してしまうのかということについて触れていきたいと思います。 車を所有していて税金がかかるのは知っているけど、手放しても税金がかかるということがあるのでしょうか。 その辺りをほんの少しですが、紐解いていきたいと思います。

確定申告はするべきなのか

最後になりましたが、車を売却した場合、その年度の確定申告の際にその旨を伝えるのは必要なのかについてお話したいと思います。 恐らく初めて車を売却した方の中には、そのときに得たお金が収入とみなされるのかどうかが気になっているという方もいらっしゃるでしょう。

車を売るときはこんな感じ

突然ですが、皆さまご自分の車はお持ちでしょうか。
こちらのコラムを読まれている方の中には、自分専用の車を所有されている方も大勢いらっしゃるでしょう。
確かに、車があれば行動範囲は広がるしある種のステータスにもなりますしね。
特に車の免許を取り立てのときは、運転したくて仕方がないでしょうしね。

ですが、そんな大切な車を仕方なく手放してしまうということもありえます。
その理由も、例えば新しい車に買い替えるからとか古くなったから、もしくは金銭的に余裕がないなど、個人それぞれに事情もさまざま存在しています。

その一方で、車の売却をお考えの方が疑問に思っている、あることがあります。
それは、「車を手放しても、自動車税などの税金はかかってしまうのか」とか「車を売った場合、確定申告での届け出は必要なのか」ということです。
意外にも、ほとんどの方がこの件が頭に引っかかっており、中にはそのせいで車の売却をためらっているという人もいらっしゃいます。

そこで今回このコラムでは、車を売ったときには税金が発生してしまうのかや、発生するとしたらどんな税金なのか、そしてその後の確定申告にはなにか影響があるのかについてお話したいと思います。

また、車を売ったことがない人や車の売却を考えている人のために、車の売却の流れについてもお書きしたいと思います。

これらを頭に入れておくと、いざ車を売るとなっても怖いことや悩むことは何もなくなるでしょう。