>

車を売るときの状況と確定申告の必要性

まずは売却先を決めよう

車を売ろうと決心した際、真っ先に始めないといけないことがあります。
それは、売却先を決めるということです。

車の買取のサービスを行っているお店は、意外にも世の中にはたくさんあります。
ディーラーや中古車の買取専門店、最近ではネットオークションでも取り扱っています。

こんなにあると、どこにすればいいのか迷ってしまいますよね。
そのときはとりあえず、車の査定を依頼してみましょう。
査定だけでしたら、無料で行っている業者も多いです。
なので、気になるところに片っ端から査定してもらい、金額が一番高いなど条件がいいところにするのがいい手でしょう。
また、巷に転がっている評判や口コミを参考にしてもいいでしょう。

いずれにせよ、ご自分が納得出来る条件下で売却するのが、ベストな売却方法ではないでしょうか。

必要な書類などを準備

車を売ると決心し、さまざまなところで査定をしてもらい、条件なども自分が納得のいくところに売却すると決まりました。

では、そのときに必要なものは何かあるのでしょうか。

車の売却時には、必要な書類が結構あります。
車検証や自賠責の保険証書、自動車税を支払い終わっていたらその領収書も必要になります。
もし、車検証などが行方不明でしたら、即座に再発行してもらうようにしてください。
また、実印や印鑑登録証明書もお忘れなく。

そして、ついに車を手放す日が近づいてきたら、車内をきれいにして私物などの忘れ物がないようにきちんと確認しておきましょう。
車を引き渡してから数日後にお金が入金されますので、それが確認出来たら全て終了です。


この記事をシェアする