>

確定申告はするべきなのか

基本的には大丈夫

車を売却すると、その瞬間にだいたい数十万から数百万ほどの大金を手にすることになります。
では、このお金は後々の確定申告の対象になるのでしょうか。
金額が大きいと、余計にそういう疑問が頭から離れないですよね。

このページをお読みの方だけに、その答えをお話します。

基本的には、車を売却して得たお金には税金がかかりません。
なので、確定申告の必要はありません。

その理由ですが、実は車の場合は購入した時点で自動車税がかかっています。
それなのに、売却のときに得たお金まで税金をかけてしまうと、これは二重課税になってしまいます。
そのため売却時のお金には税金をかけないような仕組みになっています。
ご心配していた方、これでご安心ください。

例外のパターン

車の売却で得たお金に税金がかからないとお聞きしてホッとしている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、なんと例外も存在しています。
こちらでは、そのパターンをお書きします。

それは一言で言うと、車の売却額が購入時の金額を超えたときです。
年式の古い外車や人気の高い車種の初代の形式、または今は製作されていない車などが対象になったりします。
つまりはその道のマニアが喉から手が出るほど欲しくなるプレミア付きの車を売却するとその可能性が高くなります。

そしてなぜかかるのかと言うと、購入額より売却額が上回ると純利益を得た、つまり得をしたとみなされるので所得税がかかってきます。
そうなると、もちろん確定申告の必要が発生します。


この記事をシェアする