>

売却によって税金は発生するのか

発生する場合

車を手放した際に、税金はかかってしまうのでしょうか。
結論から話すと、ほとんどのケースの場合は払う必要はありません。

ですが、もしかしたら発生してしまうかもという状況もあります。
一例を挙げると、車検が終了したすぐ後に売ってしまうと、自動車重量税というものを支払わなければいけなくなったりします。
そういう裏事情があるので、親切な業者は車検前の売却を勧めてくることが多いです。

また、社用車などのいわゆる業務用のとして利用していた車の場合は、所得税と消費税がかかっていきます。

ただ、これらのケースはほとんどない、かなりまれなパターンですので、だいたいのケースは税金がかからないと思っていただいても大丈夫でしょう。

自動車税のからくり

車に関係する税金と言えば、自動車税ですがこちらは車を売却するとどうなってしまうのでしょうか。

自動車税は、毎年春から初夏にかけて車の所有者宛に送られてきます。
そして、どの辺りを基準にして計算しているのかと言うと、4月1日時点でその車を所有している人を対象としています。
つまりは、車を売却する気でも、4月1日その日に車をまだ持っていたら、自動的に納税の義務が発生します。
例えば、4月の初旬から中旬に車を手放しても、役所は4月1日時点の持ち主を納税者とみなすので、納付書が送られて来たりします。

ただ、これは本当に運が良い人の話ですが、すでに納付済もしくは納付書が届いている場合は、買取業者が肩代わりしてくれたというケースも一部では存在しています。


この記事をシェアする